ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 取組の紹介 > 組織の活動事例(第1回):電気通信大学における研究力強化の取組み
紹介一覧

組織の活動事例(第1回):電気通信大学における研究力強化の取組み

印刷用ページを表示する更新日:2018年5月29日更新 <外部リンク>

研究力強化の推進体制

研究戦略統括室の新設(2017年2月1日~)

研究力強化を推進するため、学長直下にIR室や研究戦略統括室などの組織を新設しました。学長の戦略立案を支えるIR機能や各種学内関連組織との有機的連携の強化を目指します。

電気通信大学体制図

ネットワーク型URAの活動と成果

研究大学強化促進事業シンポジウムの開催

研究力強化促進事業が採択された2013年度からシンポジウムを毎年開催し、本学における本事業の取組などを紹介しています。シンポジウムにはURA関係者が数多く参加し、交流促進の役割も担っています。

順天堂大学・星薬科大学との連携協定(2016年12月1日~)

ネットワーク型URAの「つなぐ機能」により、工学・医学・薬学の異分野組織間連携を構築しています。現在、複数の共同研究プロジェクトが進行中です。

URA共創プラットフォーム(CoPURA)(2017年4月1日~)

全国URA人材の職種と組織を超えたボーダレスでゆるやかな連携の場としてCoPURA(Co-creation Platform for networking URA)を立ち上げました。Real Networkの場であるUEC/URAネットワークオフィスを、本学アライアンスセンター内に開設し、セミナーやワークショップを定期的に開催しています。Virtual Networkの場であるポータルサイト、SNSメッセージなどによる継続的な情報交換などを行っています。